こころとからだについて真面目に・・

40過ぎてまじめに体のことを考える機会が増えたので

今日の1日 たまにはじっくりと映画でも

機能は更年期を迎えている嫁と大喧嘩。

なかなか自分も余裕がないので

やりあってしまう。

 

 

朝からポテトサラダを大量に作る。

作るといってもじゃがいもと卵をゆでて

混ぜるだけ(笑)

味付けはマヨネーズのみ。

 

朝食、昼食とポテトサラダと

今月から飲み始めた乳酸菌サプリ

玄米茶。

 

夕食は乳酸菌キムチにザワークラウト

納豆、トマト糀につけたササミチーズ焼き。

 

ツタヤで借りた映画 ウォールフラワー

娘たちと観る予定。

 

 


ウォールフラワー スペシャル・プライス [Blu-ray]

 

見終わりました!

ウォールフラワー 壁の花

ひっそりと存在する学園生活から

友人との出会い、友情をはぐくみ、

 

愛を体験し成長していく物語。

ハリーポッターシリーズのハーマイオニー

エマワトソンが出ています。

 

アメリカならではの環境ながら共感する場面も

多々あり、主人公の内向的な性格も

行動もよく理解できるんだよな。

 

突拍子のない行動に出てしまったり

もろくて不安定な時期もあったな~

なんて^^

 

最初と最後の、トンネルを車で

駆け抜けるシーンが大好きです!

 

名著『ウォールフラワー』の映画化作品。

 

なんとなくでなく効果が期待できるキムチ食品

我が家がいつも食べているキムチは

東海漬物のこくうま♬

 

なんですが今回は同じ東海漬物

植物性乳酸菌 匠乃キムチ

を購入!

f:id:yuziro7:20190121231128j:plain

 

目立つように、

『Q-1乳酸菌が腸内環境を改善することが

報告されています』

と書かれています。

 

調べてみるとキムチ業界の中では

機能性表示食品は珍しいとのこと。

 

機能性表示食品・・

国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)や国の規格基準に適合した栄養機能食品以外にも、食品の機能を消費者にわかりやすく表示することで、商品に関する正しい知識

を拡げるために、平成27年4月に始まった制度。

 

先日購入した本、腸科学に続き、

今読んでいる 腸の力であなたは変わる でも

おすすめの細菌の一つに

ラクトバチルス・プランタムが

紹介されていた。

 

本品にはQ-1乳酸菌(L.plntarum(ラクトバチルス・プランタム)TK61406)が含まれます。Q-1乳酸菌は、生きて腸まで届き、善玉菌を増やすことで腸内環境を改善することが報告されています。本品は、おなかの調子が気になる方に適した食品です。

f:id:yuziro7:20190121235339j:plain

 

Q-1乳酸菌について

Q-1乳酸菌とは│東海漬物の機能性表示食品│東海漬物

にわかりやすく載っています。

 

 

植物性乳酸菌 匠乃キムチは

プロバイオティクスであり

プレバイオティクスな食品なんですね(^^)

 

プロバイオティクスと

プレバイオティクスを簡単に説明すると

 

プロバイオティクスは体内で

健康に良い働きをしてくれる

善玉菌(乳酸菌など)のこと。

腸内フローラを整えてくれる生きた微生物

 

プレバイオティクスは体内の善玉菌を

増やすのに役立つ善玉菌のエサ(栄養源)のこと。

食物繊維とかオリゴ糖とかです。

 

Q-1乳酸菌と白菜の食物繊維が同時に取れる

優等生のキムチ!!

 

 

味はいつものこくうまに比べ、

まろやかで辛さ控えめな気がします(^-^)/

中学生の娘も食べられました。

 

うちの娘は受験生でね。

腸内環境を整えることは

メンタルや脳にも良い影響が

期待できるかな(^-^)/

 

実際、試験食中に計算時間が

有為に早くなったことが

確認されているそうですよー

 

植物性乳酸菌 匠乃キムチ

我が家の近くにある、マックスバリューという

スーパーに置いてました^^

 

 


「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法 (単行本)

腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方 (早川書房)

発酵食品を意識して食べたくなる本

腸に関する本を何冊か購入しました。

まずは一冊目読了。

 

腸科学

f:id:yuziro7:20190120000408j:plain

 

うすうす脳と腸って似てるよな思ってはいたけど、食べ物が脳に与える影響の大きさにびっくり。

 

腸内細菌叢・・マイクロバイオータ

仕組みと働きはまだ未開の分野。

これから色々解明されてくるのだろう。

 

人にとって細菌はとてつもなく大事な役割を

果たしているようだ。

 

腸内細菌たちの多くは大腸に住み、

『食物繊維』を餌とし貴重な物質を産生する。

 

また腸内の微生物は免疫系の調整、

病原菌の増殖も防ぐなど、風邪はじめ肥満、

アレルギー、糖尿病、『うつ』や『自閉症』にまで関係していると言う。

 

帝王切開による母親からの細菌の継承不足、

抗生物質による腸内環境の崩れ、

清潔にしすぎることのデメリットを学ぶ。

 

赤ちゃんがベロベロものを食べたり

口に含もうとするのにも意味があるのね。

何でもかんでもキレイキレイしてたような

気がします^_^;

 

まとめ

小腸までに消化しきれなかった残り物を

腸内細菌のエサとなり分解し様々な物質を

育成する→人の健康に役立ってくれている。

抗生物質に弱い。もちろん投与が必要なケースもある。

大腸にたくさんの腸内細菌が住み着いている。

精製された炭水化物は腸内細菌のエサになりにくい→じゃがいもなど見直すきっかけとなった。

上手く付き合っていく必要あり。

 

この手の本はヨーグルト推しが目につくが

和の漬物、発酵食品を意識して食べたい。

短鎖脂肪酸について理解を深める。

 

日々の食事の参考になった。

とても丁寧に書かれています。

読んだら必ず意識が変わる本。

 

 


腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方 (早川書房)