こころとからだについて真面目に・・

主夫整体師ならではの健康情報、読んだ本の記録

運動よりも食事に目をつけたほうが効率が良い

最近頭の中で食について考えている時間が

多いなと気が付いた主夫整体師です^^

 

よく、腸内環境を整えるうえで

善玉菌を増やすと良いと言われますね。

 

善玉菌のエサはブドウ糖(デンプン)らしい。

じゃあ、

ご飯やパンは腸内環境を整えるうえで良い?

 

いやいや。。

 

白米や白砂糖、精白小麦粉の場合、

そのほとんどが小腸で吸収されてしまう。

 

腸内細菌の多くは大腸に生息している。

 

玄米や雑穀、全粒粉のような食物がなぜ

腸内環境を整えるうえでよいのか?

 

不消化な食物繊維を含むから。

食物繊維は別名「難消化性多糖類」とよばれる。

 

人間の体内の酵素では分解されず

腸内細菌(善玉菌)のエサとなる。

 

穀物の皮・・セルロース

こんにゃく・・グルコマンナン

果物・・ペクチン

キノコ・・ベータグルカン

根菜類・・リグニン

海藻・・アルギン酸

が豊富に含まれている。

 

ちなみにじゃがいも、サツマイモには

難消化性デンプンが豊富に含まれる。

 

ぼくはお腹の中から痩せ体質を作るのに

手軽に手に入るじゃがいも積極的に取っている。

 

じゃがいもは熱を加えてもでんぷんで守られているため

ビタミンCが破壊されない。

 

腸内細菌は食物繊維を原料に

人体に必要なビタミン、短鎖脂肪酸の合成をする。

 

短鎖脂肪酸の働き

肥満の予防

糖尿病の予防

弱酸性の腸内環境を整える

発がん物質のコントロール

ミネラルの吸収率アップ

などが挙げられる。

 

善玉菌を優勢にし日和見菌を味方につけ、

悪玉菌を減らしていくことが大事。

 

戦後、欧米化が進み、肉や卵、乳製品、

揚げ物や炒め物の摂取量が増加し、

それとともに腸内の悪玉菌も増えた。

 

肉は糖質があまり含まれないので炭水化物さえ抜けばいくら食べても良いなどと書かれている本もある。「痩せる」だけで見ればそれもありなのかもしれない。だが、腸内の環境も代謝、体臭などのデメリットを考え、気をつけたいところだ。


善玉菌のエサを増やし

悪玉菌のエサを減らす。

 

ただいま、腸内環境を整えながら

ダイエット(食事療法)を実行中!!

 

今月の注目本!!

 

お子さんとスキンシップしてますか?

主夫整体師のキラケンです(^^)

先日、今まで参加してきたセミナー資料を

整理していたら「触れる」スキンシップ」を

テーマにした記事を見つけました。

 

妊婦さんや小さいお子さんをお持ちの方には

ぜひおすすめしたい内容だったので

シェアさせてください。

 

『その昔、ローマ帝国で赤ちゃんが初めて話す言葉を

確かめるために、50人の赤ちゃんで実験をしたそうです。

その実験とは、赤ちゃんに対して、乳母が一切の

スキンシップをせずに接するというもの。抱っこもしない、

目も合わせない、笑いかけない、語りかけないなど。

すると赤ちゃんたちは、十分に栄養を与えられていたにも

かかわらず、全員亡くなってしまった。』

 

参加したセミナーでは「触れる」ことの重要性を

はじめに学んだのでした。

 

40超えたおっさんでも落ち込んでいるときに

背中を優しくさすってもらうだけでも安心感をもらえます。

 

この仕事(整体師)の前、介護福祉士だった頃も患者さん(特に認知症のある方)に対しての触れ方を学んでいたことを思い出しました。

 

広い面積で、やさしく、ゆっくり触る事は

自分の存在を示し、あなたの側にいます

という非言語メッセージを伝え安心感を与えます。

 

 ※幸せホルモン、抱擁ホルモンとも呼ばれるオキシトシンがボディタッチによって分泌されると言われています。

 

 今日はスキンシップの重要性についてシェアさせて頂きました(^-^)/

 

スキンシップする相手がいないって?

オキシトシンを分泌する方法があります!

 

・映画(漫画、小説などでもOK)を観て感する

・湧きあがる感情に素直になること

・思いやり、親切を心掛ける

・動物との触れ合い

などなど^^

 

整体師として毎日お客様の肌に触れる日々

合間によく読んでいました。小難しいばかりでなく

知的好奇心(性的な話も多い(笑))も満たしてくれます^^

 

『自意識と創り出す思考』自分をどう思うかなど関係なし

今日は最近読んだおすすめ本です。

 

こんな人におすすめ!

・自意識過剰気味で生き辛さを感じてる人

・成功するのにセルフイメージや自己肯定感を上げることが大事、なのはわかっているけどなかなか上手くいっていない人

 

いい自己イメージなんて関係ないと。

自分の定義はひとまず置いて、

「どんな成果を創り出したいのか」に

フォーカスすることを説いている。

 

はじめに、成功は自己肯定感が

もたらしたものではないとし、

偉大な業績を残した人たちの大半は

自己肯定感が低いと例を示す。

 

 

ぼくも自己啓発本はけっこう読んできました。

ポジティブ、ポジティブ、常に前向きに考えよう

にとらわれエネルギーを浪費し、

疲れてきていたところだったので楽になった。

 

特に内向型の人は自分を変えたくて仕方がないんですよ

 

これは良い例えなのかわかりませんが、

最近友人の結婚式がありました。

そしてスピーチを頼まれました。

 

ぼくは純度100%の内向型人間です。

人前で話すなんて、イメージするだけでも

胃がキリキリしてくる^^;

 

上手くしゃべれなかったら恥ずかしいなとか

いろいろ考えてしまいます。

 

しかし、今回は自分には意識を向けずに

友人のイベントに華を添えること(結果)に

集中することができました。

自分の理想なんてどうでもいい。

 

スピーチが無事終わり、席に着いてから

胃が痛くなって来たのでした(笑)

 

 

価値観が人生をガイドすればするほど

論理や道徳は不要になる

 

創り出したい成果と、それに対応する現在のリアリティの間に生じる物理的な緊張のことを緊張構造と呼び、何かを創り出すときのエネルギー源となる。弓矢で的を狙うとき、弓を引き絞ると物理的な緊張が生じ、矢を前に飛ばす力となる。緊張構造は物理的な力であり、心理的な緊張や肉体的な緊張とは別のものである。

 

 

2、3回以上読み返して

腑に落としていきたい本です。おすすめ!