発酵食、ダイエット、そして哲学など

発酵食品を作り、食べ、1年を通して楽しむ

健康だけでなく醗酵食品がからだにやさしい理由

酵素たっぷりの麹を使った食品が
からだにやさしい理由についてです。

 

醗酵は食べ物に豊かな味わいをもたらすだけでなく

健康や美容にも効果的だと注目を集めていますね^^

 

今日はからだにもやさしいという点に

注目していきます♪

 

なぜからだにやさしいか?

答えは醗酵の過程で生まれる酵素

あります。

 

本来ぼくらは体の中で酵素を出し

食べたものを分解します。

 

この分解を酵素を含む醗酵食品は

予めしてくれているわけです。

 

かたい食べ物を親が噛んで柔らかくして

子どもに食べさせてあげる感じでしょうか(笑)

 

栄養を豊富に含んでいるものを食べても

それを分解(消化)、吸収し、

体内でエネルギー利用したり(代謝)できなければ、

ぼくらは生きていけません。

 

その働きをする重要な栄養素が酵素

酵素は麹による発酵食品に含まれています。

 

f:id:yuziro7:20180402231333j:plain

 

麹には多くの種類の酵素があり、主なものに

アミラーゼ(でんぷん分解酵素

プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、

リパーゼ(脂肪分解酵素)があります。

 

これら酵素の働きで食材の成分が分解され、

栄養分が消化・吸収されやすくなるんですね^^

 

以上のことから、醗酵食品は

酵素を産生する膵臓や、

消化・吸収を行う胃や腸の負担を軽くする

からだにやさしい食といえます。

 

 

分解して消化吸収をよくし

栄養価を向上させている!!!

 

 

酵素による発酵熟成の過程で、必須アミノ酸・ビタミンB群など

多くの有効成分を生み出す。

・乳酸菌などの有用微生物の産生を促す

代謝を効率よく上げるといわれるビタミンB群の吸収率は

90%以上とも言われている

 

日本の伝統 発行の科学より

 消化が悪いと栄養価が下がってしまうので、

貴重な大豆タンパク質の消化をよくするために、

古来よりさまざまな工夫がなされてきた。

 

大豆のタンパク質が固まる前の未熟な状態で

収穫したものが枝豆であり、ゆでて塩を振ると

格好のビールのつまみとなる。

 

と大豆を砕いて煮出した汁を固めたものが

豆腐であり、繊維質が除かれているため

たんぱく質が消化されやすくなっている。

 

大豆を暗所で水に漬けて発芽させたものが

大豆もやしである。

発芽に必要なエネルギーを得るために、

大豆自身が貯蔵タンパク質を分解しているので

消化が良くなっている。

 

大豆を煮たものに納豆菌を繁殖させたものが

納豆である。大豆のタンパク質の一部を

納豆菌が分解しているので、食べた人の消化が

楽になっている。