食べ物と楽しく付き合う、発酵食品のように変身したい

発酵食品を作り、食べ、1年を通して楽しむ

塩麴で味付けした冷めてもおいしい野菜だけのハンバーグ 

日の出がだんだん早くなってきましたが

反して朝起きれなくなってきました^^;

 

 

今日の晩御飯は3品、芋つくしとなりました。

野菜だけのハンバーグ(塩こうじで味付け)に

ポテトサラダに菊芋の塩こうじ炒めです。

 

炭水化物が主成分だけど大丈夫か??

という感じですね^^;

 

今回の一品の一つに菊芋を使っているのですが

菊芋にはイヌリンという成分が含まれており、

体内のインシュリン分泌量を低くする働きや

糖質を蓄積しづらい体質に

変える働きをします。

 

菊芋に関してはまた詳しく報告するとして

今日は

 

塩麴で味付けした冷めてもおいしい

野菜だけのハンバーグ

 

を紹介します^^

省略してベジバーグ。

f:id:yuziro7:20180413001937j:plain

 

今回はすりおろしたジャガイモ

あくみたいな部分を少し捨てました。

f:id:yuziro7:20180413002057j:plain

 

タケノコを

f:id:yuziro7:20180413002129j:plain

 

あとねぎを使って調理しました。

 

材料

・すりおろしたじゃがいも 4,5個

・タケノコ ジャガイモに合わせて適量

・ネギ ジャガイモに合わせて適量

・オリーブオイル フライパンにひく

・塩麴 適量

 

豆類があればより栄養バランスがとれそうです。

 

作り方

まず上記の画像のように

じゃがいもをすりおろします。

 

タケノコとネギを刻みます(ネギの画像はありません)

f:id:yuziro7:20180413002915j:plain

 

すりおろしたじゃがいもに塩こうじ、

刻んだタケノコとネギを混ぜます。

 

フライパンにオリーブオイルをひき

混ぜ合わせた種を形を整えフライパンに投入。

 

弱~中火で焼く

 

頃合いを見ながらひっくり返し

香ばしい焼き色がついたら火から下ろす。

 

チーズをのせてみました♪

f:id:yuziro7:20180413004032j:plain

 

塩こうじが効いているので特にソースは不要。

お好みでレモンなど添えると良いかもです。

 

もちもちしていて子どもに好評でした^^

 

じゃがいも豆知識

じゃがいもに含まれるビタミンCは

でんぷんによってコーティングされているため

熱に強く、あまりビタミンCが失われないのが

特徴。

レクチンという免疫力を高めるタンパク質も

含まれています。

 

じゃがいもの芽にはソラニンという神経毒が

あるんだとか。ちなみにサツマイモの芽には

ないそうです。

 

 

以上、今日の発酵食品(塩こうじ)を取り入れた

レシピ備忘録でした^^

 

毎日の食に発酵食品を入れることを

心がけています。