発酵食、ダイエット、そして哲学など

発酵食品を作り、食べ、1年を通して楽しむ

妊婦さんから産後ママまで安心して栄養補給できる天然栄養ドリンク

今回は甘酒が妊婦さん、産後ママに

どのようなメリットをもたらすのか、

甘酒が産後ダイエットにつながるのか、

糀甘酒の効果を紹介していこうと思います^^

 

甘酒は古くから日本人に飲まれてきた

素晴らしい自然甘味飲料です。

 

ここでおすすめする甘酒は、

ご飯に糀を混ぜて作る甘味料のほうを示します。

砂糖の代用調味料として料理に、おやつに

ドリンクにとはば広く使えます♪

 

甘酒はまろやかな深みある甘みが特徴です。

発酵が生みだすうまみが食材の持ち味を

引きたてる効果もあります。

 

粉ものと甘酒を組み合わせれば、

穀物の穏やかな甘みとの++効果で、

豊かな味わいになります。

 

また精製された白砂糖よりもゆっくりと

消化吸収されるので、血糖値が上がりにくく

身体にやさしい甘味料です。

 

甘酒の栄養

20%がブドウ糖が脳への栄養、集中力アップに♪

必須アミノ酸が細胞やホルモンの形成に♪

オリゴ糖&食物繊維が便秘や肌荒れの予防に♪

 

妊婦さんへのメリット

母乳の主な成分は炭水化物・タンパク質・脂質ですね。

炭水化物は母乳に欠かせない成分。

良質な炭水化物をしっかりと取りたいところです^^


米麹から作る甘酒の原料はお米です。

甘酒は炭水化物をしっかりと摂取することができます。

良質な母乳を作るためにも、忙しい産後ママにも

飲む点滴ともいえる甘酒はママに強い味方ですね^^

 

 

だけにアルコールが入っているんですか?

と言われることがあります。

 

甘酒には2種類あります。

ここで紹介しているお米と糀から作る甘酒には

アルコールは入っていません。

アルコールが入っているのは酒粕から作られる甘酒です。

 

 

ぼくはいま整体の仕事をしていますが

看護師、助産師さんにも甘酒を

産後ママに甘酒を勧める方がいらっしゃいます。

 

実際にここで紹介している甘酒は

お米、糀、水のみで作られます。

さらに発酵の過程でさまざまな栄養分が

生み出され、手作りならよけいな添加物も

含まれません。

 

昔から母乳をしっかり出すには、

お米を食べると良いといわれています。

食べ物の陰陽の視点からもお米は陽性で

からだを温める作用をします。

小麦は陰性で身体を冷やす傾向にある。

 

ママの血の巡りをよくするためにも

甘酒を温めたり、すりおろした生姜など加えて

飲めば、身体を温めてくれる効果もありますね♪

※しょうがは加熱することで身体を温める成分が増えます

 

甘酒をダイエットに!!

 

「お腹が減ったなあ』という感覚は

ブドウ糖をエネルギー源とする脳が

糖分が必要だ~~と

摂食中枢を刺激することで感じます。

 

これを満たすために食べるわけですが

血糖値が上がりきるまでのタイムラグがあります。

 

でんぷんがブドウ糖になる時間です。

血糖値が最高になるまで30分ほどかかると

言われています。

 

早食いが太る原因になる理由です^^;

 

甘酒はすでにブドウ糖に分解されているので

(飲む点滴♪)脳が早い段階で満腹中枢を

刺激してくれます。

 

ちょっとしたコツでダイエットにうまく使えます。

ちなみに僕は甘酒を置き換えダイエットとして

毎日飲んでいます。手作りです^^

 

先日作った甘酒です^^

つぶつぶが気になる場合、濾してから飲めますが

この粒粒にも栄養があります。

f:id:yuziro7:20180417234828j:plain

 

ひょんなことから甘酒にはまり、

愛情込めて(笑)夜な夜な仕込んでいると

他人にも披露したくなるし、

昔から日本で親しまれていた

安心安全に飲める甘酒の良さを

広めていきたいなと思っています。