食べ物と楽しく付き合う、発酵食品のように変身したい

発酵食品を作り、食べ、1年を通して楽しむ

酵素の力 生きてる発酵じゃがいもスープ

f:id:yuziro7:20180423230623j:plain

塩こうじを加えた発酵じゃがいものスープを作りました。

 

発酵とは?

発酵についておさらいします。食品の発酵とは

微生物の力によって食物の保存力や栄養力を高め

味や風味を良くすること。

新たな成分へと生まれ変わった状態です!

 

素敵だ・・僕も生まれ変わりたい。。

 

ちなみに

同じ生まれ変わったと言っても腐敗

微生物の力によって味や香りが悪くなり

食べれなくなる状態です^^;

 

 

もう一つの主役であるじゃがいもについても

語らないわけにはいきませんね。

 

意外にもじゃがいもにはビタミンCが

あります。しかも果物に負けないくらい。

正直に申し上げて果物=ビタミンC

という認識でした。

 

どのくらいビタミンCが含まれているかというと

みかんと同じくらいでリンゴよりもあります。

おそるべし、じゃがいも。

 

ビタミンC・・・体の中でコラーゲンを生成したり

抗酸化物質として機能したり、鉄の吸収を助けてくれる

栄養分。通常、ビタミンCは熱に弱いので加熱すると

失われてしまいがちだが、じゃがいもに含まれる

でんぷんがビタミンCをコーティングしているため

失われにくいと言われている。

 

もう一度確認。

じゃがいものでんぷんがビタミンCを熱から守る。

すごいぞでんぷん。新鮮なじゃがいも、とくに

新じゃががなお豊富だそうです。

 

 

〈材料〉

じゃがいも 中くらいの3、4個

塩こうじ 大さじ1か1.5くらい

無調整の豆乳 150㏄

オリーブオイル おこのみ

こしょう 少々

 

発酵ポテトスープの作り方

じゃがいもが柔らかくなるまで茹でる。

 

じゃがいもをボウルに移し触れるくらいになったら

塩こうじを加えてよく混ぜる。

 

しばらく放置プレイ。。

 

塩こうじの酵素の力でジャガイモのでんぷんが

分解され始めるよ。

 

フタをしていたら膨張してきて

ぱかっと空きました(笑)

ドロドロになってきたです( ..)φメモメモ

f:id:yuziro7:20180423234216j:plain

 

ミキサーにドロドロになったじゃがいもと豆乳、

お好みでオリーブオイルを加えスイッチオン!

 

塩こうじの酵素ででんぷんが分解され

栄養の吸収率がアップ、生き残ったビタミンC

そして豆乳の栄養。。

 

理想形じゃないですか♪これで美味しくできれば・・

恐る恐る子供たちに感想を求めると

『美味しい!!』

子ども達にも好評でおかわりしてくれました^^

 

豆乳は余計な添加物が入ってない

無調整がおすすめ。

せっかくの手作りだから  ね♪

 

ちなみに今回使用した豆乳は

スゴイダイズ premiumです。

f:id:yuziro7:20180423235224j:plain

 

メモ

塩こうじはでんぷんを強力に分解してくれるので

ポテトサラダには向かないようです。

ドロドロになりそうです・・・

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。