発酵食、ダイエット、そして哲学など

発酵食品を作り、食べ、1年を通して楽しむ

味噌の健康パワー 

味噌について学んだのでメモ代わりに^^

 

和食スタイル 「一汁三菜」の一汁に欠かせない

味噌について

 

味噌は原料を発酵させた栄養満点の

もろみごと食べるので、

大豆と米、麹による栄養満点のヘルシー食品です^^

 

いつ頃から味噌が使われるようになったか・・・

中国大陸や朝鮮から飛鳥時代に伝来したという説がある。

 

もともと、「未醤(みしょう)」という文字から

後に 「未曾(みしょ)」 ⇒ 「味噌(味噌)」に変化。

 

【味噌の種類】

主に米味噌麦味噌豆味噌の3種。

・大豆に米麹を加えて作る米味噌

・大豆に麦麹を加えて作ると麦味噌

・大豆のみを主原料としたものが豆味噌

生産量が多いのが米味噌。

 

【味噌の作られ方】

種類によって製造工程は異なる。

最も生産量の多い米味噌は大豆、米、食塩を

原料として作られる。

蒸した大豆を細かくつぶし発酵しやすい状態へ

蒸した米にコウジカビ(種麹)を加え米麹を作る。

大豆と米、食塩、水を混ぜ、数か月間熟成。

火入れなどの後かんせい。

 

すりつぶす過程に手間がかかりますね^^;

味噌作りチャレンジを考えましたが今年も

購入しました^^;

いつか自分で仕込んでみたいかな♪

 

 

 

【味噌の栄養】

主原料はたんぱく質など栄養豊富な大豆。

さらに発酵によってさまざまな健康成分が生成され、

健康美容に効果のある優れた栄養食品!

 

たんぱく質をはじめ、必須アミノ酸

ビタミンB群、ビタミンE、イソフラボン

食物繊維、各種ミネラルなど栄養の宝庫です^^

 

【注目すべき効用】

(1)がんリスクを下げる 

(2)生活習慣病のリスクを下げる 

(3)老化を防止する 

(4)美肌効果がある 

(5)コレステロールを抑制する 

 

などの効果が!!!

 

たんぱく質・・・
内臓・骨など体を構成する主成分。アミノ酸で構成される。

 

ビタミンE・・・
血行を良くし、抗酸化作用、老化防止。

 

ビタミンK・・・
血液凝固成分を合成し、止血作用がある。骨や歯を丈夫にする。

 

ビタミンB2・・・
脂質の分解を助け、髪や肌を健康に保つ。

 

ビタミンB6・・・
タンパク質の分解に働く。皮膚病を防ぎ、体の成長を促す。

 

ビタミンB12・・・
葉酸と協力して赤血球を合成。神経系の働きを正常に保つ。

 

葉酸・・・
赤血球たんぱく質、DNAの合成を促進し、発育を促進する。

 

ビオチン・・・
抜け毛や白髪、皮膚病などを予防する。

 

【味噌の健康パワーを意味することわざ】

 

味噌汁は朝の毒消し

味噌で呑む一杯、酒に毒はなし

医者に金を払うよりも、味噌屋に払え

 

江戸時代の食の解説書『本朝食鑑』より

「味噌はわが国では昔から上下四民とも朝夕に用いた」もので、

「1日もなくてはならないもの」であり、

「大豆の甘、温は気をおだやかにし、

腹中をくつろげて血を生かし、

百薬の毒を消す。

麹の甘、温は胃の中に入って、

食及びとどこおりをなくし、

消化をよくし閉塞を防ぐ。

元気をつけて、血のめぐりをよくする」としています^^

 

毎朝の習慣にしたいですね♪ 味噌パワー!!!