からだゆるゆる

仕事(整体)のこと、食べた物、健康情報、読んだ本の感想

久しぶりに塩麹を仕込んでみた

嫁さんの実家から生麹をいただいたので

久しぶりに塩麹を作ってみました。

 

麹とは・・・

蒸した米、麦や大豆に麹菌

繁殖させたものをといいます^^


米に培養したものは米麹

麦なら麦麹

大豆なら豆麹


麹は食材を発酵させるための

原料になるんですね^^

 

現在、我が家でのメインはトマト麹ですが

腸内環境を整えてダイエット、健康を目的に

発酵食を取り入れています^^

 

麹が健康によいとされる理由

からだを維持する上で大切な酵素を含んでいる。

麹による発酵食品を食べることで、

発酵の過程で生まれる酵素が作り出した栄養を

摂取することができます。

 

アミラーゼ(でんぷん分解酵素

プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素

リパーゼ(脂肪分解酵素

 

これら酵素の力で食品の成分が分解され、

栄養分が消化・吸収されやすくなるんですね。

 

塩こうじなどでお肉を漬けておくと

柔らかくなったり、うまみが増します^^

 

酵素は発酵する過程で、必須のアミノ酸

ビタミンB群など多くのからだが喜ぶ成分を生み、

また乳酸菌などの有用な微生物の生育を促します。

 

これらの栄養素や有用な菌は新陳代謝を活性化し、

腸内環境を整えるなどさまざまな健康効果を

もたらしてくれます^^

 

今回作っている塩麹は、

麹と塩、水だけで簡単に作ることが出来ます。

 

塩の代わりにしていますが

先ほど挙げたでんぷんを分解する酵素アミラーゼ

食材のでんぷんを糖に分解。甘みが増します。

 

たんぱく質を分解する酵素プロテアーゼ

たんぱく質を分解し、アミノ酸に変える。

結果、肉や魚が柔らかくなり旨みが増します^^

 

脂肪を分解する酵素リパーゼ

脂肪を分解し油っぽさを減らしてくれます。

 

塩麴を仕込みたくなったでしょうか?^^

今回は生の麹を手に入れたので

生麹  200g

天日塩 60g

水   200ml

の割合で仕込みました。

 

乾燥麹なら

乾燥糀  200g
天日塩  70g
水    260ml

 

美味しく作るコツは

週に1~2回必ずかき混ぜると良いそうです^^

仕込んでから3週間は常温でじっくりと熟成させる。

完成は発酵の進み具合で判断する。

とろみ、まろやかな旨みが出ればOKサインです。

 

清潔な保存容器これが重要!!

麹を入れる。

f:id:yuziro7:20190108093326j:plain

 

天日塩をふりかける~

f:id:yuziro7:20190108093347j:plain

 

水を注いでよく混ぜる~

f:id:yuziro7:20190108093403j:plain

 

蓋をして湿気の少ない清潔な場所で

常温保存します^^

 

じわじわ出来上がりを観察するのが楽しみです^^

明日は甘酒、豆乳ヨーグルトを仕込みます♪

 

ぼくは近隣のスーパーに置いてある

みやここうじをよく使います^^


伊勢惣 みやここうじ 1kg

 

 

 白雪印のこうじもおすすめです♪


白雪印 こうじ(乾燥) (800g(200g×4個))