朝のコーヒー(お茶)×読書

日々のこと、コーヒー、健康情報、読んだ本の感想

お子さんとスキンシップしてますか?

主夫整体師のキラケンです(^^)

先日、今まで参加してきたセミナー資料を

整理していたら「触れる」スキンシップ」を

テーマにした記事を見つけました。

 

妊婦さんや小さいお子さんをお持ちの方には

ぜひおすすめしたい内容だったので

シェアさせてください。

 

『その昔、ローマ帝国で赤ちゃんが初めて話す言葉を

確かめるために、50人の赤ちゃんで実験をしたそうです。

その実験とは、赤ちゃんに対して、乳母が一切の

スキンシップをせずに接するというもの。抱っこもしない、

目も合わせない、笑いかけない、語りかけないなど。

すると赤ちゃんたちは、十分に栄養を与えられていたにも

かかわらず、全員亡くなってしまった。』

 

参加したセミナーでは「触れる」ことの重要性を

はじめに学んだのでした。

 

40超えたおっさんでも落ち込んでいるときに

背中を優しくさすってもらうだけでも安心感をもらえます。

 

この仕事(整体師)の前、介護福祉士だった頃も患者さん(特に認知症のある方)に対しての触れ方を学んでいたことを思い出しました。

 

広い面積で、やさしく、ゆっくり触る事は

自分の存在を示し、あなたの側にいます

という非言語メッセージを伝え安心感を与えます。

 

 ※幸せホルモン、抱擁ホルモンとも呼ばれるオキシトシンがボディタッチによって分泌されると言われています。

 

 今日はスキンシップの重要性についてシェアさせて頂きました(^-^)/

 

スキンシップする相手がいないって?

オキシトシンを分泌する方法があります!

 

・映画(漫画、小説などでもOK)を観て感する

・湧きあがる感情に素直になること

・思いやり、親切を心掛ける

・動物との触れ合い

などなど^^

 

整体師として毎日お客様の肌に触れる日々

合間によく読んでいました。小難しいばかりでなく

知的好奇心(性的な話も多い(笑))も満たしてくれます^^